銀行のカードローンは低金利ですが業者によって高金利の場合もある

キャッシングをする時は金利が発生するので利用する業者の金利の設定は気になるところでしょう。
キャッシング業者は大きく分けると銀行のカードローンと消費者金融になりますが、銀行のカードローンの金利の設定は14~15%で設定されている事が多く消費者金融の金利の設定は18%前後で設定されています。
そのため金利で判断すると銀行のカードローンの方が低く設定されていますが、業者によって消費者金融と同じぐらいに設定されている場合もあります。
例えば新生銀行カードローンレイクは銀行のカードローンですが、以前は消費者金融だったので18%に設定されていたりします。
そのため銀行のカードローンを利用する時は金利の設定はしっかり確認しておきましょう。

おまとめローンを利用するメリット

複数の消費者金融でお金を借りていると加算される利息も多くなるので返済が困難になってしまう事があります。また借金の管理をしていくのも大変なので完済する事が出来ないと悩んでいる人も多いです。そんな時は借金を一つの業者にまとめるおまとめローンを利用するのがオススメです。そこでおまとめローンを利用するメリットを挙げていく事にしましょう。

・金利が低くなるので加算される利息が少なくなる

おまとめローンは通常のキャッシングより金利が低く設定されているので利用すると加算される利息が少なくなります。それにより返済総額も少なくなるので完済しやすい状態にしていく事が出来ます。

・返済日は月1日になる

複数の業者から借り入れをしていると返済日が月に数回あるので返済する時に負担がかかってしまいます。しかしおまとめローンを利用して借金を一つの業者にまとめてしまえば返済日が月1日になるので返済する時の負担を軽減する事が出来ます。

・借金の管理が楽になる

複数の業者から借り入れをしていると借金の総額が分からなくなる事が多いです。それにより返済計画を立てづらくなってしまいますが、おまとめローンを利用して借金を一つの業者にまとめてしまえば借金の総額も分かりやすくなるので管理が楽になります。