アコムにキャッシングの申し込みをする時は虚偽の申請をするのはNG!

アコムは消費者金融の中でもサービス面に優れている影響で利用者がすごく多いです。特に申し込みをしてから最短1時間でお金を借りれる点は多くの人が高く評価しています。金欠の状態になっている時に欠かせない存在でもあるアコムですが、申し込みの際に注意したい点もあるのでしっかり確認しておきましょう。

アコムを利用するには審査が可決されなければいけないので個人情報などいつも以上に盛って業者側からの印象を良くしたいと思っている人も少なくないでしょう。しかし虚偽の申請をしてしまうと確実にバレるので注意しなければいけません。信用情報や勤務先に電話して在籍しているかどうかの確認をしっかり行うので虚偽の申請をすると審査は否決になります。しかも今後一切利用する事が出来なくなる可能性もあるので虚偽の申請はしないようにしましょう。

インターネットから簡単に申し込み

今の世の中にインターネット環境が無い家庭はほとんどありません。パソコンや携帯があればインターネットに接続できます。このインターネットから簡単にキャッシングローンに申し込みする事ができます。仕事で忙しくてお金を借りたいけど店舗に行けない人はインターネットから借入がオススメです。

面倒な電話での申し込みは一切無く、最初から最後までインターネットで完結できます。また、銀行カードローンの場合には借入したい銀行の口座があればお手持ちのキャッシュカードで借りる事ができ、キャッシング専用のカードが郵送される事も無いので直ぐにお金を借りる事ができます。インターネットだからと言って借入金額に制限は無く店舗に行くのと同じような金額を借りる事ができますし、24時間急にお金が必要になった時には直ぐに申し込みできるのは魅力的です。

キャッシングの申し込み!不備や誤記に要注意!

銀行や消費者金融のカードローンは、インターネットからWeb完結で申し込みから契約が可能なため、時間を無駄なく利用することが可能です。余裕のある時間に申し込みを済ませておけば、勤務中や外出中などといった場合でも審査が受けられます。ですが、申し込み時に不備や申し込み内容に誤記があると審査が中断され、確認のために電話があることもあります。

軽微な間違いであればその場で修正手続きが完了するものの、勤務先情報や年収の情報になると審査の中断どころか即審査落ちという問題に繋がります。そのため、申し込み内容は必ずチェックすることが重要です。例え軽微な間違いであっても、間違い箇所が多くなるほど、信用を失う可能性があります。注意散漫と判断されれば、返済を履行するかどうかという点ではマイナスの評価なり、中小消費者金融では印象も悪くなります。

自動契約機を使ったキャッシングの申し込み

消費者がお金を借りる手段として、よく使われているのがキャッシングです。
キャッシングとは、消費者金融会社が提供している個人向けの融資の事であり、近年ではネットでの申し込みが主流になりつつありますが、自動契約機や電話や有人店舗への来店といった方法でも申し込みが出来ます。

自動契約機での申し込みは、ネット環境が無いユーザーや有人店舗への来店が出来ないユーザーにとって重宝します。自動契約機は、繁華街や駅周辺など様々な所に設置されており、大手消費者金融会社ほど端末の機能が充実しているので、申し込みの手順が分かりやすくなっています。

最近では、タッチパネル操作で申し込みを順序立ててレクチャーしてくれますので、ユーザーは手順に迷わずに申込書に必要事項を記入したり、本人確認書類をスキャンして画像データとして審査センターに送ったりといった手続きをスムーズに進められます。

自動契約機を使ったキャッシングの申し込みの一番のメリットは、誰にも会わずに申し込みが出来るという事です。
利用者は様々な事情がありますので、出来るだけ人に会わずに申し込みが出来る事で必要な時にお金を借りられます。借りたお金の使用制限は無く、限度額まで何度でも借りられますが、期限までに返済をする事を常に意識する必要があり、返済額を考えた場合、金利が低い所を探すと良いでしょう。

ネットで消費者金融にキャッシングの申し込みをした時にカードが不要な方がいい2つの理由

ネットで消費者金融にキャッシングの申し込みをすると契約完了後にカードが必要な場合と不要な場合が出てきます。カードが必要な場合だと自宅に郵送されてくるか自動契約機に出向いて発行してもらう形になります。また不要な場合は振込キャッシングを利用してお金を借りる形になります。どちらがいいのかは人それぞれ意見が異なりますが、基本的にはカードが不要の方がいいです。そこでネットで消費者金融にキャッシングの申し込みをした時にカードが不要な方がいい理由を挙げていく事にしましょう。

・家族にバレるリスクが少なくなる

ネットで消費者金融にキャッシングの申し込みをした時にカードが必要になると自宅に郵送されてきた時に家族に見られてしまう可能性があります。また自動契約機に出向いてカードを発行してもらう時も出入りする時に見られてしまう可能性があります。しかしカードが不要だとそのようなリスクがなくなるので家族にバレる可能性も少なくなります。

・借り過ぎを予防する事が出来る

カードを持っているとお金を借りる事が出来るという気持ちが強くなってしまい借り過ぎてしまう事があります。しかしカードが持っていないと必要な時以外はお金を借りなくなります。借り過ぎを予防する事が出来るのも理由として挙げられます。

過去の申し込みや契約情報は管理され続ける!

キャシング契約において、個人信用情報は審査結果に大きな影響を与えるものです。特に申し込みから6ヶ月以内は個人信用情報機関に照会情報が残ってしまい、新らたなキャッシング契約は難しくなっています。また、金融事故情報については、最長で10年や5年間は登録状態にあり、申し込みする金融機関を変更しても審査通過は非常に難しいのが実態です。

ですが、個人信用情報以外にも注意するべき点は独自データベースによる顧客情報の管理です。例えば、大手消費者金融の場合、過去に審査落ちした方は再度審査を行っても通過出来ない可能性が高いと言われています。個人信用情報に事故情報が無い場合でも社内ブラックという情報が登録されてしまい、半永久的に近い状態の管理が行われてしまいます。例として、アイフルの公式ホームページに『ご融資をお断りさせていただいた後も~登録情報の削除はいたしかねます』および『お預かりした個人情報は適正に管理いたします』といった記載がされています。企業にとって顧客情報は、適正に管理する必要がある情報である他、ビジネスデータとなっています。これらの情報が登録状態にあるため、銀行カードローンを申し込んだ場合でも保証会社が消費者金融系の会社であった際には情報の検索と照会が行われてしまうことになります。

そこでキャッシングを利用する際は、金融機関と保証会社が同一グループであるものを選ぶのが得策になります。また、クレジットカードのキャッシング枠を利用するなど、個人情報を多数の会社に開示しないことが借り入れ先を減少させずに済みます。