キャッシングは何歳から契約することができるの?

お金に困った時にキャッシングを契約するということがありますが、基本的に20歳からなら保護者などの同意の必要はなく申し込むことができます。ただし20歳を超えていても働いておらず自分自身の収入がないような時には、キャッシングに申し込むことはできません。キャッシングは返済能力があるということが大前提です。

しかもそれは本人の収入であることが重要なため、結婚していて配偶者の給料だけで暮らしているような場合には消費者金融では借りることができません。収入は労働収入だけではなく、年金生活でも自分の収入があれば申込は可能です。ただし自分が借りたい額は必ず借りられるとは限りません。利息制限法でも年収の1/3までと上限が決まっていますので、収入が少ないということは借りられる額も低くなるのです。

プロミスに申し込む時は来店して契約する方法と来店しないで契約する方法がある

プロミスは最短1時間融資を宣伝していて早くお金を借りたい時に利用するのがオススメの消費者金融です。最近ではどの業者も融資スピードが早くなってきていますが、1時間で融資を受けられるのはそれほど多くはありません。それでプロミスに申し込む人も多いですが、来店して契約する方法と来店しないで契約する方法があるので確認していきましょう。

来店して契約する場合はプロミスの店頭窓口、自動契約機に出向いて契約手続きをする事になります。契約手続きをして契約が完了したらキャッシングカードが発行されてお金を借りる事が出来ます。またプロミスは三井住友フィナンシャルグループの傘下に入っている消費者金融なので三井住友銀行のローン契約機で契約手続きをする事も可能です。

来店しないで契約する場合はホームページからWEB完結で契約手続きを行います。ホームページで必要項目を入力して申し込みをすると審査をしてくれます。審査が可決されたら契約手続きをして契約完了となり融資可能の状態となります。借入方法は振込キャッシングで融資の依頼をすると指定の口座に振込をしてもらえます。

プロミスに申し込む時は来店して契約する方法と来店しないで契約する方法があるのでしっかり覚えておきましょう。