365日貯金を毎日はせず、のんきにやっていく

ちりもつもれば山となる

こんなことわざがぴったり当てはまるなあと思うのが、今ちまちまとやっている365日貯金だ。

正式名称は違うかもしれない。

妹から聞いた時に確かそう呼んでいたような気がするし、どこかの雑誌で見た時もそう呼んでいたと思うのが、かなり前のことなのだ。あまり自信はないが、自分の中ではこう呼んでいる貯蓄方法。

やり方はそんな難しいものではない。

基本のやり方は、1年間365日毎日貯金する。

金額は、1円から365円の間の金額を毎日する。でも同じ金額はしない。

そうすると一年間で6万ちょっとをためることができるという貯金方法。

ただし、ちょっとばかり給料ぎりぎりの生活をしている今の私には、これを毎日まじめにすることはほぼ不可能だ。

それでのんきにできるときにすることにしている。

毎日ではないから、どの数字を貯金したか忘れるので、まずは1から365の数字を書いた紙を用意する。

2,3日に一度はお財布の整理をするし、1週間ごとに次の週に使うお金を補充するので、その時に貯金できる金額があればそれを入れる専用の陶器の器に入れていく。

小銭が増えれば、それをお札に両替してそれは封筒に入れていてためていく。

貯金箱にいれるのと似ているが、個人的に貯金箱は苦手なのだ。いかにも貯金していると主張する存在が目に入るのが。

また長期で海外旅行に行きたいな、などと思い始めたが、のんきすぎてまだ一万円。

このままいくといったい何年かかるのか、と危機感を感じたものの、別の節約でためているのもあるから、まあいいかと変わらずのんきにしている。

今年中にそれなりの金額行くといいなあなんて思いつつ、無理しないで、ちょっとでもためていけるこのマイ365日貯金が結構好きだ。

食べるものこそ節約上手に!

私が特に行なっている節約方法は自炊です。

一見なんでもないように思える定番の節約方法ですが、実はかなり奥が深いものだと私は考えています。

例えば、自分で必要な食材を調達して料理をすることでまず買い物の際の判断力や買い物先でのセールやキャンペーンなどを把握できて安売りしてあるお店に行って食材を買っていくことができます。

つまり買い物上手になります。

そしてもう1つは料理を自分でするので料理の腕が上がっていきます。

最初は簡単な炒め料理や焼き料理などが良いです。

包丁の使い方が日を追うごとに上手くなっていく実感も湧いて楽しくなっていきます。

このように自炊は定番中の定番ではありますが自身の成長にも確実につながる節約方法です。

そしてただ家事のスキルが上がっていくだけでなくきちんと費用を計算すると外食よりもはるかに安上がりなのは明らかです。

外食だと一食がだいたい700?800円代の値段で食べることになります。

ですが、自炊だと一食分が何を食べるのかにもよりますがだいたい100?200円代と外食の約4分の1くらいまで出費を抑えることができます。

こうした事柄を考えてみると改めて自炊とは自分のスキルを習得するうえでも役立ちすごいなと思いました。