キャッシングは何歳から契約することができるの?

お金に困った時にキャッシングを契約するということがありますが、基本的に20歳からなら保護者などの同意の必要はなく申し込むことができます。ただし20歳を超えていても働いておらず自分自身の収入がないような時には、キャッシングに申し込むことはできません。キャッシングは返済能力があるということが大前提です。

しかもそれは本人の収入であることが重要なため、結婚していて配偶者の給料だけで暮らしているような場合には消費者金融では借りることができません。収入は労働収入だけではなく、年金生活でも自分の収入があれば申込は可能です。ただし自分が借りたい額は必ず借りられるとは限りません。利息制限法でも年収の1/3までと上限が決まっていますので、収入が少ないということは借りられる額も低くなるのです。